次世代認定マーク取得

次世代認定マーク取得

神姫バス株式会社(本社:兵庫県姫路市/代表取締役社長:長尾真)は、「次世代育成支援対策推進法(次世代法)」に基づく2007年認定事業主として兵庫労働局より認定を受け、認定マーク『くるみん』を取得致しました。2015年4月以降についても、新たな行動計画を策定し、引き続き一層の充実を目指してまいります。「地域共栄」、「未来創成」の企業理念のもと、次代を担う子供や若者達、そして企業活力の源である社員一人ひとりの未来のために、今後もこうした取り組みを進めてまいります。

●取得までの流れ
2005年4月、次代の社会を担う子供が健やかに生まれ、育成される環境の整備を進めるために、「次世代育成支援対策推進法(次世代法)」が施行されました。当社では、この法律の主旨に基づく取り組みとして、2005年4月~2007年3月の2年間における具体的な目標を掲げ、その目標を達成するための行動計画を策定・実施してまいりました。その結果、全ての目標を達成し、厚生労働省の定める設定基準をクリアする成果を挙げ、認定マーク取得に至りました。
●主な取り組み
当社の行動計画のテーマは、『次世代の自立のために雇用の機会を多様化し、採用後も社員が仕事と子育てを両立できる職場環境をつくることにより、社員がその能力を十分に発揮できること』です。次に、2015年4月以降の行動計画をご紹介いたします。
計画期間 平成27年4月1日~平成29年3月31日までの2年間
  1. 育児休業取得水準を女性80%以上、男性1名以上とする。
  2. 育児休業を取得しやすく職場復帰しやすい職場環境を作る。
  3. 社員の安全に対する意識の一層の向上を期し、子どもがその保護者である社員の職場を実際に見学できる「子ども参観日」を実施する。