路線バス

Route bus

払い戻し方法

定期券の払い戻しについて・・・

  • 払い戻し手数料520円を申し受けます。
  • 紙式・磁気式の定期券は、お買い求めになった窓口までお越し下さい。※他の窓口では対応できませんのでご了承下さい。
  • NicoPa定期券は、NicoPa取扱窓口であればお買い求めになった窓口以外でも対応できます。
  • 本人である事を証明できるもの(運転免許証・保険証等)をご持参下さい。
    ※お持ちでない場合は対応できませんのでご了承下さい。
  • 通用期間内の払い戻しは、定期券代から【使用済相当額】と【払い戻し手数料】を控除した残額をお支払い致します。
     ※使用済相当額の計算方法
       払い戻し当日を含む通用期間の経過日数×片道運賃×2(日割計算)
       但し、日割計算より、定期運賃として計算するほうが、払い戻し額が多くなる場合、
       定期運賃による計算を優先して採用します。
        例1)4月1日通用開始の通勤3ヶ月定期券を4月25日に払い戻しした場合
           通勤3ヶ月定期券代-1ヶ月の通勤定期券代-520円=払い戻し額
           (25×片道運賃×2が1ヶ月の通勤定期券代より高くなるため)
        例2)4月1日通用開始の通勤6ヶ月定期券を8月10日に払い戻しした場合
           通勤6ヶ月定期券代-通勤3ヶ月定期券代-通勤1ヶ月定期券代-(10×片道運賃×2)
           -520円=払い戻し額
       ※三ノ宮駅・神戸駅 - ポーアイキャンパス線は、使用済相当額の扱いが異なり、
         定期運賃による計算は適用されません。
         払い戻し当日を含む通用期間の経過日数×片道運賃×2(日割計算)

  • 通用期間前の払い戻しは、定期券代から【払戻し手数料520円】を控除した残額をお支払い致します。

回数券の払い戻しについて・・・

  • 払い戻し手数料210円を申し受けます。
  • 一部使用した場合: 払い戻し額 = 発売額 ―(片道運賃×使用枚数+払い戻し手数料)
    当該回数券の運賃額から既使用券片を普通乗車運賃に換算した額を控除した残額をお支払い致します。
  • 未使用の場合: 払い戻し額 = 発売額 ― 払い戻し手数料

※高速バスの乗車券については、高速バスのページをご確認ください。