バスの八百屋

バスの八百屋とは

トップへバスの八百屋とは

「バス」の語源 「omnibus(オムニバス)=すべての人のための」

平成24年6月より、姫路駅前バスターミナルにおいて新たな地産地消モデルとして「バスの八百屋」がスタートしました。農家さんが収穫した野菜を路線バスに乗り込んで自ら運ぶ「バスを用いた輸送」が名前の由来です。

私たちはこれまで、「地域共栄・未来創成」の理念のもと、地域住民の生活の快適性と利便性の向上のために「バス」を走らせ、地域間や都市と地方をつなぎ人々の往来を支えてきました。

そして皆様の生活に関係の深い「農業」を切り口として、「バス」の役割である「つなぐ」ことにより、人と人との往き来から、物や情報、産地と消費地、生産者と消費者の交流を促し、その往き来を通じて「地域の活性化と農業振興の実現」を目指す取組みをはじめました。

『バスの八百屋』は、つながりによって「地域の活性化と農業振興を実現する」取組みに成長して再びスタートします。



お問い合わせ

神姫バス株式会社「バスの八百屋事務局」
tel/079-223-1150 fax/079-223-1444
E-mail:bus-808@shinkibus.co.jp